創生水とは

創生水はミネラルウォーターではない。
普通の家庭の水道水から作られる。


会社は創生水を作るための数百万もする浄水器を販売しており、
かなり怪しい会社と思われるかもしれないが、
調べていくとかなり技術力があり、革新的理念の持ち主が会社を運営しているように思われる。


高い浄水器を買わなくても会社に注文すれば一升瓶に詰めた水を送ってくれる。 その値段はかなり安い。送料とビン代を請求しているだけで、社長は水で儲けてはいけないという 考え方をしているそうだ。


また浄水器だが、社員に決して営業をするなと言っているそうだ。
つくり話のように聞こえるが浄水器の営業をした社員はクビになるらしい。 客が製品の本当の良さに気づくまで絶対にこちらから営業しない。 利益優先のこの世界にあって信じられないような話だ。


この会社のもうひとつすごいと思うのが、エマルジョン燃料というもの。
これは水と油を溶け合わせる技術で、簡単に言えば水を燃やすことに 成功したというのだ。


これもにわかには信じがたい話だが、資料を取り寄せればかなり納得させられる。 同社は代理店を募集しており、私も考えたが代理店料が700万と聞いてあきらめた。 浄水器の販売代理店になるにも同じぐらいの金額を必要とするらしい。


追伸:
その後このページを読んだ方からの助言をいただきました。 同社のエマルジョン燃料は、水が燃えてエネルギーに変わっているわけではなく、 エマルジョン化することで燃焼効率が上がっているにすぎないということ らしいです。深井環境総合研究所のビデオの中にも燃焼効率を7%アップした という事実が示されています。


当初は水が燃えるという触れ込みで誇大なPRしてしまったため(おそらく本人たちも そう信じこんだのであろう)、かなり怪しいイメージが根付いたのかもしれない。


軟水

創生水の基本的性質は軟水である。 日本の水道水はほとんど軟水なのだが、さらにミネラルを取り除いて純水に 近い状態にするのであろう。


水の中のミネラルを取り除くと、その水は物質を溶かし込む力が強くなる。 お茶やコーヒー、料理などに硬水よりも軟水が向いているのはそのためであり、 創生水に洗浄作用があるのもそのためだ。


創生水はさらに、トルマリンやアルミの働きにより、活性水素や 波動を作り出すとなっているがこのあたりがどれくらい効果があるのか、 いまひとつはっきりしない。

ミネラルウォーターのサビテスト

どのミネラルウォーターが一番優れているかテストしました。

→ ミネラルウォーター比較テスト結果