ビットコイン

金融関係のニュースを見ていると最近特に目立つのが仮想通貨に関する話題だと思いますが、これを読んでいる人の中にもこれから仮想通貨の取引にチャレンジしてみたいと考えている人も多いと思います。
しかしいざはじめるとしても、仮想通貨に関する知識がなければはじめることはできませんし、仮想通貨の取引のシステムなど理解しなければならない点はいくつかありますから、基礎からしっかりと学ぶことからスタートしましょう。

▼ 目次

仮想通貨について

仮想通貨と言えばビットコインが有名で、仮想通貨の取引をしたことがない、あるいは特に興味はない人でもビットコインだけは名前を知っているという人はたくさんいます。

ビットコインはもっともスタンダードな仮想通貨で、一番はじめに世に仮想通貨というものを浸透させた言わば基礎通貨となるものですから、今回は仮想通貨とはどんなものなのかビットコインの話を交えながら紹介していきたいと思います。

まずはじめに仮想通貨とはもともとオンラインゲーム内で使われる専用の通貨など、特定のサイト内での取引に使われる通貨を指したワードで、一般的にはあまり知られているものではありませんでした。
しかしビットコインの登場によってその状況は大きく変化し、我々にも情報がたくさん入ってくるようになったのです。

その背景にはビットコインのシステムが非常にグローバルなものであり、なおかつとても便利な使い方ができるという点があげられ、そこに着目した人がビットコインを利用しはじめ現在の仮想通貨取引に繋がっています。
オンラインゲーム内など特定のサイトで使われていた通貨はあくまでもその内部でしか存在していない通貨ですから、それが現金の代わりになるということはありませんでした。

ビットコインはインターネット上で使用できる通貨として登場しましたので、たとえばインターネットショッピングをする際の決済に利用することができたり、海外への送金手段として利用することもできます。

便利な使い方の一例をあげると海外に家族が住んでいるとして、その国で大規模な災害が起こってしまった場合に送金したいけどその手段がない場合、ビットコインならインターネット上から即送金できるので速やかにお金を渡すことができます。
これが現金だと現地の通貨に変更しなければなりませんし、送金までにかかる時間も長いのですが、ビットコインをはじめとする仮想通貨はそういった必要がないのでスピーディに送金できるのです。

電子マネーと仮想通貨の違い

また、よく比較されるのが電子マネーですが、電子マネーとはそもそも決済手段のひとつであり現金に変えることはできません。
仮想通貨はインターネット上での通貨ですから、現金に変えることもできますので、その点が大きな違いと言えるでしょう。

そしてビットコインの特徴としてまずあげられるのはLimited supplyと呼ばれるシステムで、これは枚数に制限があるという意味です。
通常円やドルなどの通貨は発行する量を制限しているわけではありませんから、取引によって価値が大きく変動する可能性がありますし、現に発展途上国の通貨は強烈なインフレによって通貨そのものの価値が失われている国もあります。
ビットコインはあらかじめ発行量を2100万枚に制限しているため、そういったインフレが起こる可能性がなく安定した取引が可能になります。

そしてもうひとつあげられるのは世界共通の通貨であるという点で、基本的にどこの国の誰にでも即時に送金することが可能で、しかも手数料はかかりません。
これが銀行から送るとなると時間がかかりますし、しかも海外への送金となると手数料も高くなります。
そういった送金のマイナスポイントをなくせるところに大きなメリットがあり、注目されているのです。
さらにP2Pネットワークで維持されているので、ビットコインのプログラムをダウンロードしている人はすべて維持管理されています。

このようにビットコインには実物の通貨にはないメリットがたくさんあるため、それが利用者を増やす要因にもなっていますし、今後は新しい通貨の形として私たちの生活に大きく関係していくことが予想されます。
ただビットコインは知名度が高くなりすぎてしまったため、送金スピードなどに問題を抱えるようになってきているのも確かで、その対策としてビットコインキャッシュやビットコインゴールドといった新しい仮想通貨も登場しています。

ビットコインキャッシュの特徴としてまずあげられるのがブロックの容量で、ビットコインが1MBだったのに対してビットコインキャッシュは8MBとなっています。
加えてブロック処理能力も大幅に向上しており、ビットコインが毎秒3~5取引なのに対してビットコインキャッシュなら毎秒20~90取引が可能になっています。
ほかにもビットコインはリプレイアタック未対応ですがビットコインキャッシュはリプレイアタック対応しているなど、ビットコインにはないメリットがありますのでこちらも注目を集めています。
ただしビットコインに比べると使える場所がまだ少ないというデメリットがありますので、仮想通貨取引をするなら対応している仮想通貨取引所を探す必要があるでしょう。

そしてビットコインゴールドですが、こちらもビットコインから派生した新しい仮想通貨のひとつですが、こちらの目的は送金スピードの遅れや処理速度の遅さを解消するためです。
ビットコインはASICというビットコイン専用マイニング機械を利用してマイニングをおこなうことができますので、マイニングで利益を出すならASICをどれだけ用意してできるだけ安い電気代で動かせるどうかがポイントになっています。
しかしビットコインゴールドはこのシステム自体を禁止していて、GPUと呼ばれる一般の人でも気軽に導入できるマイニング方法が推奨されています。

さいごに

このようにビットコインキャッシュにしてもビットコインゴールドにしてもビットコインにはない特徴を持っているのです。
まずは仮想通貨について学ぶと同時にビットコインとは何か、そして対応している仮想通貨取引所について調べてみるとよりスムーズに取引をスタートできるはずです。